FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
36へ

「兄貴?」

ニッと・・・・目の前の兄貴がニッと笑うと

俺らの頭をグシャグシャとかき回す

「うわっ!
 兄貴、何すんだよ!いきなり!!!」

「ありがとよ」

「へっ?」

「ありがとうって言ったんだ
 何回も言わせるな」

俺らの頭を押さえたままの兄貴をチラッと見上げると

なんか・・・ちょっと・・・顔が赤い?

もしかして・・・照れてる?

「しかし、俺も焼きが回ったな~」

「へっ????」

「なんせ、リッキーに心配されてる」

「兄貴!!!!」

「冗談だよ
 感謝してる」

さっきから、なんなんだよ一体・・・・

おどけたり、真面目になったり

本当にどうしちゃったの??

「そうだな・・・・このままじゃいけない
 俺がアルフィンの未来を潰しちゃいけない」

「・・・兄貴」



38へ
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。