FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26へ

兄貴の言葉にアルフィンは、じっと何かを考えるようなそぶりを見せる

「どうだ?何か覚えてる事は?」

「何か・・・・・・」

「そう、たとえば・・・・
 たとえば3日前に一緒に行った映画とか?」

「えいが・・・・?」

「そう、記憶にないか?」

兄貴は必死にアルフィンに問い掛ける

だけどアルフィンの表情からは

明るい応えが返ってくる気配はない

「でも・・・でもさ
 俺らも知らなかった事を覚えてたってのは
 凄い事じゃん!
 もしかしたら治ってきてるのかもしれないじゃん!」

「な・・お・・る?」

「そうだよ!きっと治ってきてるんだよ!」

興奮して騒ぐ俺らをタロスが諌める

「おいっそんな簡単な話じゃねえんだ
 いい加減な事を言うんじゃねぇ」

「なんだよ!簡単な事って!」

「お前さんの頭みたいに単純な話じゃねぇって言ってんだ!
 わかんねえのか!?こんボケが!」

そんな中、じっと何かを考えてるようだった兄貴が

アルフィンの手を掴むと立ち上がった

「行くぞ」
 

28へ
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。