上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15へ

「いてっ!」

アルフィンの手を握っていた俺らに衝撃が走り思わず手を離す

「いつまで握ってるんだ」

兄貴が、俺らの手を叩いたんだ

しかも、おっかない顔で見てる・・・これはヤキモチ?

ヤキモチですか?兄貴!!

こんな事でヤキモチなんか焼かれても・・・・困るんですけど


そんな俺らの気持ちが顔に出てたのか?兄貴は俺らをジロッと睨むと

「さっさと片付けろ」

と言い、アルフィンの手を掴んで行ってしまった

・・・・・・・おいおいおいおい・・・心狭すぎでしょ兄貴

てかドアの向こうでは『掃除しなくていいの?』っていうアルフィンの声と

『いいんだ、あいつらにやらせとけ』って兄貴の声がだんだんと小さくなっていく

「ほれっ!さっさと片付けろとさチビ」

タロスの大きな手が俺らの髪の毛をクシャっとかき回す

「キャハ、片付ケロ~」

タロスが見せる微妙は優しさのせいなのか・・・それとも・・・

純粋にアルフィンが戻ってきた嬉しさからか・・・

なんだか訳のわからない感情に支配されて

泣く気もないのに、じんわりと目頭が熱くなったのを

ビシャビシャな床を拭く事で誤魔化した。


17へ

スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

いらっしゃいませ~!

lucky様
いらっしゃいませ~CJファン仲間が増えるのは、とっても嬉しいです!
CJ映画最高ですよね!!!!!!!もうもう愛は冷めないどころか
深まる一方です!!!
そんなお仲間に私のお話を気にいっていただけたなら嬉しいです!
どうぞこれからもお付き合いよろしくお願いいたします!!!!
  • 2009/12/31
  • URL
  • ミルク
  • [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。