FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11へ

「あ・・・う・・・・・」

なんか時間が足りないってもんじゃないって感じ

なんでもっと早くから掃除しとかなかったんだろう・・・

「ドンゴ!そっちは終わったか?」

座り込んでキッチンの床をこすりながらシンクやコンロを磨いてるドンゴに声をかける

「キャハ!イマヤッテマス
 リッキーコソ終ワリマスカ?キャハ」

・・・・・・・・思わず無言になる・・・・

くそ・・・・・いつもと変わらずに迎える・・

そう言ってはみたものの、改めてミネルバ内を見てみると

たいして使ってないはずのキッチンは、うっすらと油と埃にまみれ

床も、なんだかベタベタしてる

ここに居ないタロスは雑誌やら何やらで

ゴチャゴチャしてるリビングを大きな体を小さくして掃除してる

ようは・・・いかにも男所帯ですって状態のミネルバを

大掃除中なんである

だけど時間はすでに11時を回ってる

昼過ぎには帰ってくるって言ってたのに

現状は・・・・・・・とても綺麗とは言いがたい

どっちかというと半端に掃除に手を出してるもんだから

かえって・・・散らかってる?????

あ・・・・・なんかアルフィンを尊敬するよ俺ら

どんなに仕事が忙しくてもアルフィンは俺ら達に

温かい食事と綺麗な居心地の良い居場所を提供してくれてた

・・・・だけど、それって・・・実は物凄く大変な事だったんだな・・・

平気な顔をやってのけていたアルフィンが実は、とても凄い存在だったんだ

と改めて実感した。

う~ん・・・・これじゃ帰ってきた早々に俺ら達アルフィンに怒られる?

物凄く形相で俺ら達を怒ってるアルフィンを思い浮かべて

ブルッと寒気がした・・・・

「さっさとやらなきゃ・・」
13へ
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。