FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1へ

「へっ?兄貴が・・・」

兄貴が・・・アルフィンの部屋を掃除してた・・・・

なんだかそれは・・・なんだろう・・・物凄く何か胸の中に

モヤモヤと広がる・・それがたぶん顔に出たんだろう

「どうした?変な顔して」

タロスがニヤニヤと嫌な笑いをして俺らを見る

「別に・・・自分の部屋の掃除も適当にしてるような兄貴が
 アルフィンの部屋を掃除してただなんて以外だなって・・」

そうさ、埃じゃ死なない、とか言って

いつも自分じゃ簡単に掃除するだけで

よくアルフィンに俺らと一緒に怒られてたような兄貴が

アルフィンの部屋まで掃除してたってのが

意外だっただけさ・・・・

「じゃあ・・・アルフィンの部屋は問題ないか・・・」

俺らは再びソファに腰をおろす・・・

だったら・・・どうしよう


ただこのまま待つのではなく

何か・・・アルフィンが少しでも気持ちよくココへ帰ってこれるように

何か俺らに出来ることって・・・・


何だろう



3へ
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)


管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。