上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だってウサギは嘘をつくNO21

「でも・・でも・・・
 聞いたのよ・・・確かに・・・
 宇宙で虫歯が爆発するって」

俺らの説明を聞いて

だんだん自信がなくなってきたらしいアルフィンは

なんとも言えない顔で、それでも一生懸命に言い切るけど

自分の中でも不安がいっぱいなんだろう

「でも、それってアルフィンが聞いたのは
 かなり前なんだよね?」

ココでハッキリと決着をつけたいんだけど

下手にガツンッとやっちまうと

ヒステリーの嵐が吹き荒れる事になる

ここは慎重に確実に攻め落としたいんで

俺らは「かなり前」って部分を強調しておく

「そうね・・・・確かに、かなり前よね」

「じゃあ、もしかしたら昔はそうだったのかも知れないね
 人間が宇宙に出始めの頃とか?
 そんな頃なら、今みたいな治療できる環境がなくて
 爆発した事があったのかも知れないし」

「そうよ!うんうん
 きっとそうよ!うん」


だってウサギは嘘をつくNO23
スポンサーサイト

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。