上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だってウサギは嘘をつくNO15



「あのさ・・・アルフィン?」

決死の覚悟で話しかけたってのに

アルフィンてば全然、俺らの声なんか聞いちゃいない

「アルフィン?聞いてる?」

うわ~完全無視?!俺らの扱いなんか

どうせ、いつもこんなもんだけどさぁ・・・・

何回も話しかけて無視され挫折・・・

こんな俺らを見かねて

さっきからアルフィンを宥めていた兄貴が

チョンチョンと指でアルフィンに合図を送る

あんなに怒って訳分かんない事言ってたのに

その合図にアルフィンが俺らの方を振り向く

・・・・・どんなに怒ってても兄貴が一番なんだ

うわー俺らって本当に不憫

このまま見捨てて俺らも部屋に戻ろうかな・・・・

そんな事を考えるけど・・・結局、見捨てられないって

あぁ・・・マジにお人好し

「あによ」

「へっ?」

「何か用があるんでしょ?
 何のようなの?って聞いてるのよ」

兄貴からの合図に俺らの方も向くも

肝心の俺らが反応しなかったもんだから

アルフィンの機嫌はさらに悪くなってる

ヤバイ!!!!

「あの・・・さ
 えっと・・・その・・・
 虫歯が爆発って何?」



だってウサギは嘘をつくNO17
スポンサーサイト

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。