上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だってウサギは嘘をつくNO12



ジタバタと、どうにかココから逃げ出そうと

もがく俺らを神は完全に見捨てたらしい

てか・・・・この状況を目の前に

兄貴とアルフィンの間を通って

もしくは、すぐ脇を通って

この部屋から逃げ出す勇気・・・

俺らには無いです

あぁ・・・・ちくしょう!!!タロスの馬鹿

なんで1人で逃げ出すんだよ~

さっきまで兄貴を心配する女神のようだったアルフィンは

兄貴の歯が痛いと言う言葉を聞いた瞬間に

般若のように変わり怒りのオーラを全身から

発してる・・・・

「ジョウ・・・・・」

あぁ・・・名前を呼ばれた兄貴の頬が

痛み以外の理由でゆがんでる

これって・・・・恐怖?

恐怖でゆがんでるの???兄貴

「それって・・・虫歯って事かしら?
 ジョウ」

そう言いながら兄貴の腕をつかむアルフィンの手にはさらに力が入る

「ひょうとも
 言うな・・・」

「そうとも言うって
 そうとしか言わないのよ」

その通りだけど、もう少し手加減しようよ・・・

と言えない俺らを許して・・・兄貴

「と言うか、虫歯ってのは
 どういう事なのかしら?ジョウ
 なんで、こんなに腫れるほど
 治療もせずに、ほったらかすのか?!
 てのが問題だって分かってる?ジョウ」

「ひょんんあの
 ひわれなくひぇも」

「言われなくて分かってるなら
 さっさと治療しなさいよ!!!!!」


あぁ・・・爆発した

もう、こうなったら頭を低くして

嵐がさるのを待つしかない

・・・・・とにかく俺らに被害が来ないように

ひたすら小さく・・・・存在感をなくすんだ!!!俺

「天下のクラッシャージョウとも
 あろう人間が虫歯で顔が変形するほど
 頬腫らすってのは、どうなの?!」



だってウサギは嘘をつくNO14
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。