上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だってウサギは嘘をつくNO9

本来なら、そんな悠長にしてられないはずなのに

う~ん、完全に他人事って感じで見てるな・・・俺ら

いや、まぁ・・・・もともと他人事のはずだったんだけど

本当ならアルフィンに怒鳴られてるのは兄貴だったと思うし

・・・ほんとに俺らって損な役回り・・・

反論するでもなく、ましてや謝るでもない俺らに

アルフィンの怒りは、さらにヒートアップして

タロスに拘束されて動かない腕の代わりに

俺らに向かって蹴りを繰り出してきた

「ちょっと!!!!リッキー
 何ボケっとしてるのよ! 
 ジョウに何したの?
 許さないんだからね!!!」

たいして広くもない、この部屋で

そんな事をされては、たまらない

致命傷はないが微妙にヒットが増えてくる

「イテッ!
 アルフィン!危ないって
 俺ら何もしてないって!!!」

「じゃあ誰がジョウを殴ったって言うのよ!!!」

「だから・・・殴っ
 イテッ
 殴ってないって
 ウワッ!」

アルフィンの蹴りを避けながら
 
一生懸命に説明する俺らを見かねてか

(できるなら、もっと早くお願いしたかった)

やっと兄貴がアルフィンを止めだした

「ち・・が・・う・・ 
 ・・・・だ」

痛さのあまり口を大きく開ける事が

できないからだろう

ボソボソと聞こえるの????って

本当に思うくらいの小さな声だったのに

アルフィンはピタリッと動きを止めると

さっさとタロスの拘束を解き

兄貴の体を支えるようにすると

「大丈夫?ジョウ」

と優しく話かけた



だってウサギは嘘をつくNO11

スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

だってウサギは嘘をつくNO8

殴られる!!!!

そう思った俺らは無意識に頭を抱えて

しゃがみ込んだ

・・・・・が、いつまでたっても

予想していたような衝撃が無い事を

不思議に思いを、薄目を開けてみると

手を振り上げた状態のままアルフィンは

タロスに確保されていた。

ジタバタともがき

「あにすんのよ!タロス!!
 放しなさいよ!!」

と興奮しながら主張するアルフィンに向かい

反対にタロスは冷静に

まるで幼子をなだめるように言い聞かせる

「落ち着きなせぃアルフィン
 リッキーは何もしてやせんぜ」

だけど、興奮してるアルフィンには

タロスの言ってる事が理解できないんだと思う

「何よ!タロス
 リッキーの味方すんの?
 現にジョウの頬が腫れてるじゃない!!」

なんか・・・・アルフィンってネコみたいだ

そんな2人のやり取りをボーっと見ながら

俺らは、そんな事を考えていた。

 

だってウサギは嘘をつくNO10


テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。