上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは突然の電話だった・・・

「おやっさん・・・どうしたんですか?急に電話なんか、かけてきて・・・何かありましたか?」

銀河系標準時間で深夜、普通ならこんな時間に電話するなんて
よっぽどの理由でもない限り非常識としか言いようのない時間。
そんな時間にアラミスからプライベート回線でタロスの部屋にかかってきた電話。
それもクラッシャー評議会の議長であるダンからの電話・・・
何かあったと思うのは無理もない話だった。

「いや・・・別に急用とかではないんだが・・」

何か言いずらそうなダンにタロスの方もだんだん心配になってくる。
普段のダンはこのような電話のかけ方はしない・・と言ってもプライベートで電話をもらったという記憶自体ないのだが・・・

「・・・あ・・・その・・・ミネルバではウサギを飼ってるのか?」

「はっ??????」

ダンの言ってる言葉が真剣に理解できなかった・・・ウサギ???なんでミネルバでウサギを飼うんだ???
というか・・・なんでダンがそんな電話をかけてくるんだ???

「えっと・・・おやっさん・・・申し訳ないんですが・・・話がよく理解できんのですが・・」

フランケンシュタインのような顔に困惑という字が書かれている・・・そんな表情の(どんな表情なんだ?)タロスが恐る恐る聞き返す。

「あ~なんだ・・・ドンゴから、この前メールが来たんだが・・・その内容が・・
 アレが青い目のウサギを飼っていて・・」

アレってのは・・ジョウの事だ・・青い目のウサギ???なんだそりゃ
ドンゴは一体どんなメールをだしたんだ??
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

H18年賀状A&J
H18年賀状NO2
ここら変になると最近てか・・・今年の年賀状だな
2007年寒中見舞い

テーマ:自作イラスト(二次創作)

アルフィン初カラーイラスト

発見!
フォトショップ初作業イラスト(タイトルで期待した人・・・・ごめんなさい)
初めてフォトショップを使って仕上げたアルフィン・・・・・・
今、見るとアルフィンには見えない・・・・・(;^_^A
て言うか・・・・この頃から進歩がない?????もしかして

テーマ:自作イラスト(二次創作)

年賀状003
年賀状004
年賀状005

続きはまた後日

テーマ:自作イラスト(二次創作)

2004年 年賀状

2004年度の年賀状
2004年 年賀状NO2

これも2004年度
2005年年賀状R

コレは2005年度の年賀状です。
2005年年賀状A

2005年度

テーマ:自作イラスト(二次創作)

翌日、昼過ぎまで眠りつづけた私達は
リッキーに起こされ
そこで、私は初めて今晩の予定を聞かされた。

「ディナー?コンサート?何それ?・・・・(汗)
 だって、今何時よ・・・やだ~早く準備しないと
 間に合わないじゃない!
 シャワー浴びなきゃ・・・・」

ジョウを、おもいっきり罵りながら
ドタバタと準備をして、私達はギリギリの時間で大慌てで
出掛けて行ったのでした。


「もう、本当にジョウは肝心な事を何も言わないんだから!(怒)」

Fin

テーマ:自作小説(二次創作)

「ありがとう。
 今までで1番嬉しいクリスマスプレゼントだわ」

今まで感じた事の無かった感情が私を支配する
かっこよくて、頼りがいがあって・・・・
どこか、私よりも1歩前を歩いていたジョウが
同じラインに並んだ気がした。

すねた口調のままジョウが囁く
「俺にプレゼントは?」

「えっ・・・・」

「クリスマスプレゼント・・・・無いの?
 じゃあ、コレ貰う」

貪るような口付けと力強い抱擁・・・
そして、今までで1番優しい笑顔で
ジョウは私を一杯にしていった
2人で幸せな気分のまま眠りの中に落ちていく時まで

テーマ:自作小説(二次創作)

「えっ」

グイッと腕を引かれバランスを崩した私は
そのまま、もつれるようにベットに倒れこむ
驚いて咄嗟に押し退けようとしても
鍛えぬかれたジョウの体はびくともしない
ベットに押さえつけられ耳元で囁かれた

「愛してるから・・・・
 だから、さっきみたいな悲しい事言うな」

さっきみたいな?
何のことか分からない

「何を言ってるの?」

・・・・恋人同士のつもりだから・・・・

ジョウの台詞から導き出される答えは
ミミ-との電話?
もしかして聞いてたの?

「ジョウ、それって・・・」

体にかかるジョウの重み
頬にかかる熱い息

「俺は結構、独占欲が強くて
 嫉妬深いんだからな」

すねたような声
でもジョウ文章がバラバラよ

「それに・・・・・う~自己嫌悪」

私からはジョウの顔は陰になって見えないのに
真っ赤になって照れてるのが分かる
もぉ~嬉しいっていうか、なんて言うか

・・・・カワイイ・・・・

何かもの凄くジョウがカワイイ
私はジョウにギュッと抱きつくと

ジョウの唇にキスをした
年賀状イラスト描き始めました~
今回は・・・CJリッキー・CJジョウ・CJアルフィン・デカウメコ・デカウメコ&ジャスミン・マジ麗・ときめきトゥナイトらんぜ・ゲキレンジャーのラン・・・・・以上かな?
お好みのキャラを選んで今年はコレが良いわ~って
メールなりブログ等でお知らせください
何もないようでしたら私の独断と偏見で決めますので(笑)
私から毎年送りつけられてる方々よろしくお願いします。


2007年クリスマス アルフィンMILK CROWN
このクリスマスアルフィンサンタはフリーイラストになってますので
よろしかったお持ち帰りください。
その時には一言お知らせいただけると嬉しいです。

テーマ:お知らせ

ミミーとの電話を終えて眠りについた私は
真夜中に人の気配で目を覚ました。

「う・・・ん・・誰?」

誰かが私が寝ているベットに座っている
最初は分からなかった、その人物が
枕もとの小さな明かりにだんだん目がなれてきたのか
顔がはっきりと分かるようになった

「・・・・ジョウ?・・・
 どうしたの、こんな時間に」

時計を見ると、まだ朝の3時
他人の部屋を訪れる時間じゃない
最初は何か急を要するようなことでも起こったのかと
思ったが違ったようだ

何故なら・・・・

「酔ってるの?お酒くさいわよ」

ベットから出て部屋に備え付けられている
小さなドリンク用の冷蔵庫からミネラルウォーター
を取り出しジョウに差し出す
だが、ジョウはそのボトルを取らずに
私の手首をつかみ何かを言った


「×××××だから・・・」


「えっ 何?何て言ったの?聞こえなかったわ」


「俺は、ずっと前から
 アルフィンとは・・・・・・・
 恋人同士のつもりだから//////」

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。