上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊クラッシャー2004年9月号

表紙にF様登場!
若き日の思い出T

わか~いタロさん
水遊び

素顔に戻る時

聴かざる

掴み取る

任侠

閉ざされた未来

ラストはソニア・・・・
スポンサーサイト
暑中見舞い2004

若いタロさんの暑中見舞い
暑中見舞い2004・3人

暑中見舞い2004A

暑中見舞い2004R

テーマ:自作イラスト(二次創作)

月刊クラッシャー2004年8月号

今回の表紙はウーラ・マチュア・ソニア
安らかな眠りの中で

夏の思い出

F様の悩殺水着姿写真・・・・送った相手はもちろん(笑)
気だるい朝

そしてTさんの若い頃のお姿
考え中

祭りR

祭りR2

テーマ:自作イラスト(二次創作)

「はぁ~」
大きな溜息がミネルバのリビングに響いた・・・
さっきから何やら悩んでる様子の我らがチームリーダーのお子様
ずっと気になってたけど声をかけるタイミングってのが必要じゃん
ここは兄貴分でもある俺らが・・・と思い手にしていた雑誌を置いて
声をかけた

「どうした?さっきから溜息ついて・・・悩みごとなら相談にのるぜ」

「う・・・・ん・・・
 実はさ・・・彼女の事なんだけど・・・」

彼女????ちょっと待て!確かこいつは10歳だったよな・・
それで彼女だと!
幾分顔が引きつりつつも何気なさそうに聴き返す

「彼女?お前・・・彼女なんか居たの?」
「うん・・・アラミスにね」

その瞬間・・・バサッと何かが落ちる音がした・・・兄貴・・・立ち聞きならもっと上手くやってよ

「へぇ・・・・アラミスに・・・それで」
「うん・・・・僕はミネルバに居るじゃん
 で、彼女はアラミス・・・遠距離恋愛じゃん」

「そうだな」

この年で遠距離恋愛の彼女って・・・本当に兄貴の子なのかな・・・・
まぁ・・・兄貴の子なのは確かだけど・・・
誰に似たんだ????
奥手の兄貴からは想像できないぞ・・まさか・・・議長に????


「ねぇ・・・リッキー兄ちゃん聞いてるの???」

「あっ・・あぁ悪い・・・それで」

「う・・・ん・・・やっぱりさ・・・遠いから中々会えないじゃん
 それに電話って言っても仕事の関係とかもあるしさ
 で・・・・・この前・・・言われたんだよね」

「なんて?」


「ウサギは寂しいと死んじゃうだよ・・・て」

!!!!!!!!!!
その言葉を聞いた瞬間にドアの外ではあきらかにコーヒーカップを落とした音がして
兄貴の「あちっ」って声を聞いた・・・・だから動揺しすぎだって・・・兄貴
                                              Fin
子うさぎ参上

テーマ:自作小説(二次創作)

仕事続きで溜まりに溜まったレポートが思うように進まず、
せめてもの気分転換にと自分の部屋ではなくリビングで
必死な思いをしながら資料とパソコンを眺めている(つまり全然、一向に進んでない)
ジョウのもとに小さな子供が駆け寄ってきた。

「パパ~こんどのお休みに、
リゾットホテル(本人はリゾートホテルと言ってるつもりらしい)
にある大きな遊園地に連れて行ってよ」
キーボードの上から動く気配のないジョウの腕をつかみ
大きくゆすりながら、おねだりしている

「こら、腕をゆするな!仕事にならない」
「だって~さっきからパパの手うごいてないじゃん」
ぷーっと頬を膨らませてちょっと上目遣いにジョウを見上げてくる

・・・まったく、そういう表情はアルフィンそっくりだな・・

「休暇に行く場所は皆で決める。
だいたい、この前の休暇の時も行ったじゃないか」
「えっ~あんな遠い昔の事なんか忘れちゃったもん」

・・・遠い昔って・・・

「いいから、ほらパパは仕事してるんだからママの所にでも行ってろ」
そう言って再びパソコン画面に集中しようとしていると
「パパ!!!
 ウサギはね!
 さびしいと死んじゃうんだよ!!!」

プチ・・・・・ピッー・・・・・・
「あっ・・・・・」

子供の叫び声に動揺したジョウの指は、本来押すべきはずではないキーを押し
・・・・・今までのレポートを消した

「なっ・・・なっ・・・・なんでお前が・・・
 どこで、その言葉を!」

完全にパニックになったジョウに対し大きな青い目に涙を浮かべて

「ウサギはね・・・」と再び言おうとしている子供に
さらにうろたえたジョウは
「わかった!連れて行く!連れて行くから!」
「わ~い♪
 ママ~パパが連れて行ってくれるって♪」
今までのは何だったのか?と聞きたくなるくらい
明るい表情でリビングを出て行った・・・・
そして・・・・・やっとの思いで仕上げていたレポートは消え
さらに次回の休暇は家族サービス決定となった
哀れなチームリーダーがリビングには残された

・・・・・ご愁傷様でした・・・
                                    Fin
子うさぎの疑問

テーマ:自作小説(二次創作)

リンクに「UTA★UTA」様をお迎えしました♪

テーマ:お知らせ

夜明けまじか


二人と眠れない秘密を共有しませんか?

テーマ:自作イラスト(二次創作)



2007
11/25

子うさぎ


リビングから子供の声が聞こえる
「ママ~あのね
 お肉パパとお野菜ママが僕のお腹の中で結婚して仲良くなるんだよ~」
「そう、だったらこのピクルスさんもお腹の中で仲良くさせてあげてね」
中を覗くと5歳くらいの黒髪でちょっとクセッ毛の男の子が渋い顔をしながらピクルスを口に運んでいる
その横には金色の髪の女性がやさしく微笑んでいる

同じテーブルにいる男の子の父親に向って苦手なピクルスをどうにか飲みこみながら

「ねぇ・・パパ?
 パパとママは結婚して何処で仲良くなったの?」

子供の純真な(笑)質問に・・・飲んでいたコーヒーを噴出し
顔を真っ赤にして「あ~」とか「う~」と言ってる
チームリーダーを見ながら・・・機関士は思った

「兄貴っていつまでたっても・・・・・・・」
ウサギの親子

                                             Fin

テーマ:自作小説(二次創作)

眠れない夜は眠らない夢

テーマ:自作イラスト(二次創作)

「なんだ、俺に言えないような悩みなのか?」
ジョウがニヤニヤしながら聞いている

「そんな事言ってないじゃん!
 だから・・・・俺らが言ってるのは
 そういうことじゃなくてぇ~」

半泣きのリッキーに対し完全に面白がってるのか
虐めモード全開のジョウ・・・・・

・・・・おもしれぇ・・・・・

「なら、言ってみろよ。
 聞いてやるぜ、何を見たんだ?」
「ひぇ~兄貴かんべんしてよ
 だから俺らは何も見てないって言ってるじゃん」

「ほぉ~本当に何も見てないのか?」
「見てない!何も見てません!
 俺らは何も見なかったです!
 だから許して~」

とうとう本格的に泣きが入った
だが、どうやって聞いてもリッキーは
[何かを見た]と言ってるようにしか
聞こえない・・・・
やっぱり馬鹿だアイツは

しかし、これではっきりした
アイツはジョウの見ちゃいけない何かを見たんだ
でも・・・・・何を見たんだ?
ジョウの機嫌が良くなって
リッキーが赤くなるような何を・・・・・

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。