上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、いつものようにミネルバのリビングで明日からの休暇の予定をたてている時だった。
アルフィンが4人分のお茶を入れながら
「あのね、休暇の事なんだけど、今朝ピザンから連絡があったの。
 明後日から ピザンでカーニバルが始まるから帰ってらっしゃいって」
「カーニバル?なんで今更カーニバルなんかでアルフィンに帰って来いなんて 言うのさ~カーニバルなら毎年あるんだろう」
リッキーが言った。

実際アルフィンがクラッシャーになって7年、
今まで1度も呼び戻されたことは無い。リッキーの疑問も、もっともだった。
「今回は特別、ピザンがテラから独立した記念祭なんだから、
 式典とかもあるのよ。
 もっともたまには顔を見せなさいという意味もあるみたいだけど・・・・」
「じゃあ、今回の休暇アルフィンはピザンに帰るのか?
 それならアルフィンをピザンに送って、
 俺たちは近くのリゾート惑星にでも行くか」
ジョウがお茶を受け取りながら言った。
「あらっ わざわざリゾート惑星に行かなくても
 ジョウ達もピザンで休暇を過ごせばいいじゃない。
 せっかくのカーニバルなんだから、すごく華やかで楽しいわよ。
 それにピザンにもジル・ピザンというリゾート惑星があるんだから問題ない でしょ」
アルフィンの意見に3人の顔には即座に(嫌だ)という色が浮かんだがはっきりとそれを口にすることができなかった。
黙っている3人を疑問に思ったアルフィンが口を開く
「なに?ピザンだと何か都合が悪いの?」

「いや・・・・別に都合が悪いというわけじゃ・・・ただ」

そう、都合が悪い訳では無い。
ただせっかくの休暇を自分の銅像があるピザンで
過ごしたく無いというだけだ。
ジョウがその事実をどう説明したらいいか考えていると
だんだんアルフィンの機嫌が悪くなってきているのが分かった、
するとリッキーが間に割って入り
「俺ら、そのカーニバル見たいな、楽しそうじゃん。なっ タロス」
と言いながら隣に座っているタロスの脇腹をつつく、
するとタロスも答えるかのように
「どうです、ジョウ。今回の休暇はピザンでとるということで、このチビスケ も行きたが ってる事ですし、アルフィンの方も式典とかの行事が終われば 合流という事になる訳ですから・・・・」

2人は必死だ、このままアルフィンの機嫌が悪くなれば自分達に被害がおよぶ
それは避けなければならない。
「分かった、前半はピザン後半は何処か近場のリゾート惑星で過ごす。
 それで良いだろう」
ジョウが妥協案をだしてその場はおさまった。
しかし、そのことがジョウの人生を大きく変えることになるとは
その時は誰も気づいていなかった。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。