上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うふふふふふふっ♪
 リッキー♪見て見て~」

物資の買出しに出ていたはずのアルフィンが上機嫌で俺らの前に差し出したのは・・・

指輪?

親指くらいの大きさの真っ赤な石がついてる・・・・
けど・・・これって・・・・・・・

「ふふん♪いいでしょ♪」

なんか物凄く浮れてるけど・・・この指輪って・・・
いわゆるジュエルキャンディーってヤツじゃないの?

子供用のお菓子だよね・・・
石の部分がキャンディになってて・・・指にはめて舐めるって・・・
何がそんなに嬉しいんだ????

「あのさ・・・アルフィン?」

俺らが口を開いたときにそれをさえぎるようにアルフィンは言った。

「うふっ♪
 プロポーズされちゃった♪」

「「ええぇぇっ~~」」

あれ?今・・・俺らの声にもう1人声が重なったような・・・って
そんな事よりプロポーズって何?
ジュエルキャンディでプロポーズってなんなのさ!!!!
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。