上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潤んだ瞳で俺らを見つめ
頬をほんのりとピンク色に染め
恥ずかしそうに彼女は言った・・・・

「本当は・・・・ずっと前から
 リッキーの事が好きだったの・・・・」

俺らは、その言葉を信じられなかった

・・・・だって信じられるわけがない!
これが他の女の子が言ったなら
素直に受け取る事ができただろう
だけど・・・・彼女がそんな事を言うなんて
ありえるはずが無いのだから・・・・・

だって、そうだろう?
彼女は自分の今までの生活を捨ててまで
好きになった男

そう・・・クラッシャージョウを追いかけてきたのだから

スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。