上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは1発のビンタから始まった。

「いてー!!!!!」

リビングでくつろいでいたジョウは
いきなり鬼のような形相で現れたアルフィンに
思いっきりひっぱたかれた。
油断していたうえに理由もわからなく
力まかせにひっぱたかれた
ジョウの頬はみるみるうちに真っ赤に腫れあがっていった

「アルフィン、いきなり何するんだ」
「何するんだじゃないわよ!このスケベ!H!色情魔!!!」

「なっ・・・」

あまりのアルフィンの迫力に一瞬怯みそうになるが
意味もわからず殴られてはたまらない。
それにスケベ、H、色情魔などと身に憶えのない中傷も気に入らない
まぁスケベという所は多少認める所はあるがそれもアルフィンに対してだけだし
それもミネルバ内では自粛しているつもりだ。

とにかく何があったのか状況を把握しようとしたジョウの目の前に
アルフィンがアル物を差し出した。

「・・・俺のPCじゃないか・・・それが何なんだ・・・」

「何なんだじゃ無いわよ、このファイルは何よ!!!」
「ファイル?」

PCの画面を覗くと確かに見覚えのない「MF」のファイルがあった

「MF?これがどうかしたのか?」
「どうかしたかですって!
 ジョウがこんな物を集めるような
 ドスケベだなんて知らなかったわよ!」

「????・・・アルフィン・・言ってる意味がよく分からないんだが・・・」
「どこまでとぼける気!いいかげんにしてよ! 
 ココに立派な証拠があるじゃない。
 それでも白を切るって言うなら
 中を見てみれば良いじゃない!」

「・・・中を見れば良いんだな・・・」

ジョウが「MF」のファイルをクリックすると・・・・・
そこに現れたのはウッフン♪アッハン♪なHな画像のオンパレードだった

「なっ!!!!( ̄□ ̄;)!!!!
 何だコリャ・・・
 ハッ!
 ごっ誤解するなよ、俺じゃないぞ!
 本当だ!知らないからなこんなの!!!」

大慌てで否定するが、否定すればするほど嘘っぽく聞こえてる気がする・・・

「このPCはジョウのでしょ?
 だったらジョウ以外誰がこんなファイル作るのよ!
 嘘つくのもいいかげんにしてよね!」
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。