上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぁ~・・・・・

ミネルバのリビングに溜息が響いた
その溜息の数に、いいかげん嫌気がさしていた俺らは
ボソッと呟いた

「15回目」
「なんだ?リッキー、その15回目って」

兄貴がだるそうに聞いてきた

「兄貴の今日の溜息の回数・・・・」
「・・・・そんなに溜息ついてるか?」

自覚なかったのかい?かなりの重症だね

「そう、俺らが知る限りならね・・・
 いったい、どうしたんだい?
 兄貴が溜息なんて珍しい」

「珍しいって、俺だって人間だ。
 溜息くらいつくだろ」

「1回くらいなら俺らも何も言わないよ、
 だけど15回だぜ、15回!
 絶対へんだよ」

その俺らの言葉に兄貴は16回目の溜息で返事をした

はぁ~・・・・

「これで16回!
 悩みがあるんなら俺らが相談にのるぜ!」

食べていたポテチを投げ出して
俺らは兄貴に、にじり寄った


「別にお前に相談しなきゃいけないような事なんて無いぞ」

ちょっとムッとしたように兄貴は言ったけど
俺らに、そんな言い訳は通用しない
て、いうか兄貴の悩みなんて
だいたい俺らには分かってるんだけどね
だって今日は1月12日・・・・
アルフィンの誕生日だ!

どうせ兄貴の事だから、踏ん切りがつかなくてウダウダ悩んでるか
アルフィンの誕生日をすっかり忘れてて
そのフォローに悩んでるか・・・

まぁ~アルフィンがらみの悩みなのは確かだね。
仕方がない、俺らが後押ししてやるか・・・・
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。