上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白一色の殺風景な病室の中
何本ものコードにつながれた状態で
アルフィンはベットに横たわっていた。

顔色は青白く、今にも何処かに消えてしまいそうな雰囲気を漂わせていた

「今夜が峠になります。
 覚悟だけはしておいてください。」

医者は無情にも、そう告げて部屋を出て行った。



今回の仕事は、ある要人の護衛で
そう難しいものではないはずだった・・・・・・・
仕事の依頼を受けた時はそう思っていた。
しかしそれは壊滅したはずの殺人結社<クリムソン・ナイツ>の罠だった。

契約期間が終了し気を抜いたスキをつくように、《それ》は現れた。

テュポーンだった。

<クリムソン・ナイツ>の残党は死亡したウーラの細胞から
2体の人面魔獣(テュポーン)を作り出していた。

ほんの一瞬の出来事だった、
いきなり現れたテュポーンが要人とその関係者
すべてをズタズタに引き裂いていった。
ジョウの身体が反射的に動き、レイガンを撃つ
短い悲鳴があがるが、致命傷では無い
移動したテュポーンがリッキーを襲う
右手に持っていたレイガンが叩き落され、妬けるような激痛が走った
リッキーは傷の痛みに耐えながら横に飛び次の攻撃を避けた
それと同時にタロスが左腕のマシンガンを連射した
血飛沫が飛び絶命する瞬間、テュポーンが人間に変化した。

それは、ウーラだった・・・・・
いや、ウーラと同じ顔をしていた。

「ウーラ・・・・・」

一瞬、驚きによってジョウの動きが止まった。
そのスキをもう1体のテュポーンは見逃さなかった。

ジョウに向かってテュポーンが飛び掛る
ジョウの身体が引き裂かれる瞬間、何かに突き飛ばされた。

アルフィンだった。

テュポーンの爪がアルフィンの背中を引き裂く
噴出した血がアルフィンの身体を真っ赤に染めた。

その事実にジョウの怒りが爆発した。
頭の中が真っ白になり何も考えられなかった
雄叫びをあげレイガンを撃ちながら本能のみで突進して行った。

左手、右肩に激痛が走る
それでもジョウの動きがひるむ事は無かった。
テュポーンが再びジョウを引き裂こうとした時、
リッキーがクラッシュパックから取り出した無反動ライフルでテュポーンを撃ち抜く、
ジョウが体当たりしながら腹にレイガンを撃ちこんだ
ゴフッと鈍い音と共に血を吐いたテュポーンに
タロスのマシンガンが炸裂し、テュポーンは絶命した。

「アルフィン!!!」

ジョウがアルフィンを抱き上げる
かなりの出血の為、アルフィンの意識は朦朧としていたが
それでもジョウの姿を確認すると弱々しいながらも二コリと微笑んだ

「ジョウ・・・・無事・・・だった・・のね・・・・・良かっ・・・・・た・・」

「アルフィン、もういいから しゃべるな!
 すぐに・・すぐに病院に連れて行くから頑張るんだ」

「ジョウ・・・・・・」

そのままアルフィンは力なく瞳を閉じた・・・・・

「アルフィン!アルフィン!!」

スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作)

お知らせ

思えば遠くにきたもんだ(笑) 遠い過去から現在までの作品保管庫です。

CJミルク

Author:CJミルク
いつまで続くか分からないけど・・・・頑張ります





無料アクセス解析

FC2カウンター

フラッシュ クロック 「幻の庭。紫陽花」

ミルクの書庫

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。